カードローンとクレジットカードのキャッシング枠との違い

カードローンとクレジットカード

カードローンとクレジットカードのキャッシング枠は、同じくカードをATMなど利用して行う現金借入方法ですが、それぞれ借入方法や利用方法・決済方法に大きな違いがあります。

言い換えれば、どちらとも全く金融商品としては別物であるということができます。

参考サイト:カードローンよくある質問

カードローン

カードローンとは、必要なときに現金を引き出して借入できるようにするカード式のローン方法ですが、クレジットカードのキャッシング枠はクレジットカードの別の利用方法としての位置づけであり、決済方法はクレジットカードのショッピング枠と同じ取扱となります。

また契約内容も、カードローンの場合には銀行や信販会社など金融機関と契約者本人との直接契約となりますが、クレジットカードのキャッシング枠では二社の間にクレジットカード会社という別の会社が介在することになります。

クレジットカード

また、クレジットカードのキャッシング枠の場合には本人の収入や信用情報にかかわらず限度額は必ず50万円までと定められていますが、カードローンの場合は本人の収入などに応じ最大800万円まで借入ができるように定められています。

純粋に自由に使えるお金を借入したいと考えるのであれば、クレジットカードのキャッシング枠よりもカードローンの方が利便性は高めになっています。

クレジットカードはあくまでもショッピングや各種引き落としによって決済される現金を、カード番号を通じて取引することになっているものなので、現金を直接引き出す方法は本来的な使い方とは少ししくみが違ったものであるためです。

少し以前に金融詐欺として、キャッシング枠を一杯まで使ってしまった人のためにショッピング枠で高額商品を買物させ、それを下取りに出してその金額のうち何%かをバックさせるという方法が問題となりましたが、このような方法をとるくらいなら最初からカードローンの契約をしておく方がよっぽどお得です。

ただしこのローンの場合には、クレジットカードのように買い物をするときにカードを提示して直接引き落としをしてもらうというような方法での利用はできません。
あくまでも銀行のキャッシュカードのように、専用のATMなどを使って現金を引き出すのみの利用方法となっています。

そのため海外旅行などをするときにはこれではなくクレジットカードを用意しておく必要があります。
利用シーンに応じて両方の契約をしておくと、いつでも便利に現金の借入を行うことができます。