誰でも借りられるの?

ローンを借りる為の審査とは

すべての人が必ず希望の金額を借入できると限らないのが、ローンの申し込みです。
その人がクレジットやローン契約をしようとするときには、必ず信用情報が調査され何らかの問題があると判断されたときには審査落ちとして借入不可という判定がくだされてしまいます。

その人の信用情報を調査するのはCIC(CREDIT INFORMATION CENTER)という機関であり、そこにはその人が過去にどの金融機関を使用してどのようにお金を使ったかということを記録した情報が集められています。

この情報は組合に加入している金融機関のすべてが共有することとなっているので、ある金融機関から限度額一杯まで借入をしている人が別の金融機関に行って新たに借入申し込みをしても、過去の返済に滞りがある場合には信用がないとして断られるようになってしまいます。

借入をするとき最も重要視されるのはこの信用機関に記録された客観的な取引情報であるので、これからローンを組みたいと考えている人はできるだけ情報に傷をつけないように慎重に取引をしていくことが大切になります。

CICに記録される信用情報とは、その人が新たにクレジットやローンを申し込むために調査を依頼したという金融機関からの紹介情報や、過去5年間の本人の金融機関との取引実績、さらに利用中のクレジットやローンについて、信用会社の支払い能力が継続するかどうかについて調査したという情報についてです。

CICへの加入は現在金融機関として登録をしてある企業のほぼすべてと考えてもよいので、たとえ小さな町金融であってもばれないだろうと考えることはできません。

反対にCICに加入していない企業というのはいわゆる闇金のたぐいになるので、借入ができたとしても違法な利息を請求されたり、厳しい取り立てが行われるようになったりというようなことがあります。

未来の自分の為に、返済は遅れない事が大切

CICを通じた信用情報の審査にパスするために一番大切なのは、過去に返済の問題を起こさないようにするとういうことです。
事業をしている人などが失敗して自己破産を深刻すると、その後数年間はクレジットの契約ができなくなってしまいます。

クレジットの返済が何度も遅延していたり、またむやみやたらに短期間に多くの金融機関に新規契約の申し込みをしていたりすると、危険人物とみなされて他の金融機関からも借入ができなくなってしまうことがあります。

他にも住宅ローンの場合には年収や担保となる物件を証明するための書類の提示をしなければいけないことがあります。

ローンについてもっと詳しく見る

ローン組みの条件
カードローンとクレジットカードのキャッシング枠との違い