いつ必要になる?

ローンの利用

人によってローンを利用するタイミングは様々です。

おそらく多くの人が人生で最初に必要だと思うのは、大学や専門学校に入学するときに必要となるお金を用意するための学資ローンでしょう。

また入学したあとも、教科書代や教材・セミナー参加費用、合宿や研修への参加費用となにかと物入りな場面が続きます。

そんなときには学生ローンを組んで利用をすることで、仕送りやバイトの給与支払いの日付まで少し時間があるときにも便利にお金を用意することができます。

社会人になってから組むなら、やはり大きいのは自宅を購入するための住宅ローンや、マイカーを購入するための自動車ローンが一般的でしょう。

他にも日常に使用する生活費や家賃などを支払うためや、ボーナス前に欲しい品物を先に手に入れるために使うキャッシングローンも多くの人が利用をしているところです。

ローンを利用するタイミング

普段はなんとか生活に困らず生活をしている人も、立て続けに冠婚葬祭が続いたり、病気や事故に巻き込まれてしまった場合などには一時的にまとまったお金が必要になります。

現金キャッシングのローン利用のタイミングでもっとも適しているのは、言うまでもなく「お金が必要になったとき」です。

急にまとまったお金が必要になったときには、身近な友人や同僚、親戚などに声をかけてお金を融通してもらうこともできますが、お金がからんでくるとどうしてもそれまでの人間関係に亀裂が入りやすく、返すタイミングに関してもその人や家族にとっての「常識感覚」にズレがあるとそれをもとにした軋轢が生まれてしまうことがよくあります。

その点、企業から借り入れるキャッシングの場合にはビジネスライクにお金の貸し借りが行われるので、そこに人間関係的な煩雑さが伴うことはありません。

返せなかった場合には利息の問題などが生じてきますが、期限内に返せるあてのあるお金を借りるのであれば、むしろあとあとの人間関係の悪化や弱みにつながらない企業でのキャッシングの方がなにかと便利なことが多いでしょう。

なお、キャッシングに関する情報は正しい返済をする限り家族や親類などに情報が漏れることはありません。

学生ローンであっても、借りる場所によっては親への連絡確認をしなくても学生本人の責任で借りられるというプランがあるので、親に内緒でちょっとお金を使いたいというような事情があるときには、プライバシー保護をきちんとうたっている企業を選ぶとよいですね。