ローン豆知識

知っておきたいポイントは2つ

ちょっとした工夫をすることで、ローンはより便利に使うことができるようになります。

中でも短期的に現金借入をすることができるカードローンにおいては、事前に知識があるかないかで、借入額や返済時期をかなり便利に使うことができるようになっています。

利用する際に知っておきたいポイントとして、まずどのようなところで信用性調査がされるかということと、返済方法にはどのような方法があって、どんなふうに利息は計算されていくかということが挙げられます。

基本的なしくみはどのローン会社を利用してもそれほど大差はないので、基礎知識をしっかりと理解しておき自分のスタイルにあったお金の借りかたをマスターしていきましょう。

参考サイト:カードローンの基礎知識

キャッシングローンとは?

よく似たものに「キャッシングローン」というものがありますが、これは通常買い物をするときに使用するクレジットカードの機能の一部を利用したキャッシングの方法です。
キャッシング・ローンの大きな特徴は、クレジットカードの機能の一部として別枠で利用が可能となっているものの、返済はクレジットカードで使用した部分と同じように請求されることになるという点です。

ただしクレジットカードの機能の一部として利用するとはいえ、ショッピング枠で利用するカードと違ってキャッシングで引き出した額については利息が発生してきます。

クレジットカードの請求は基本的に翌々月の決められた日付に所定の口座から引き落とされるという方法でされることになっていますが、キャッシング枠での利用金額もそれと同じく口座からの引き落としとなります。

ただしクレジットカードでの引き落としの場合、リボルビング払いやその他カード会社が用意する分割支払い方法を選択することができるようになっています。

リボルビング払いには、定額リボルビングと定率リボルビング払いがあり、他にもボーナス払いやフレックス払いのような特例的な返済方法を選ぶことができるようになっています。

ただしそれらは同じ利息に見えて支払い方法を変更させることで総支払額に大きな変動が出てしまうこともあるので、利用前にはきちんと種類を調べて契約を変更するようにしましょう。

また、信販系や消費者金融系のローン会社の場合「総量規制」による借入限度額が定められています。

総量規制とは貸金業法の改正によってできたきまりであり、借入残高が本人の総収入の3分の1を超える場合に新規の借入ができなくなってしまうというものです。

そのため借入のときには年収を証明する書類が必要となります。
銀行系のローンの場合、この総量規制は適用されないので住宅ローンのようなかなり高額の借入もできます。