ローンってどういうシステムなの?

ローンを利用するには?

私達が「よし!ローンを利用しよう」と思ったとき、まず行うべきことはなんでしょう。最初にすることとして、そのお金をどんな目的で使うか、明確にするのが挙げられます。

文字通り、使い道がはっきり分かるようにするという意味で、例えば住宅を建てるための住宅ローンの場合には、どの土地にどのくらいの予算でいつころまでに建てるかということを考えて、必要な費用はいくら位かを算出していきます。

もっともこのローンの場合は建築をお願いする住宅会社の方で見積もりをしっかりと立ててくれることがほとんどなので、そのときに便利なローン会社を紹介してもらえるかもしれません。

住宅ローンを借りる時には必ずいくつかの金融機関にいくらくらいのお金を借りたいかというだいたいの金額を相談するようにしましょう。

基本的に同じ銀行系で住宅ローンを利用するときにはどこも似たようなプランが用意されているものですが、利息の計算方法が違っていたり、期間限定でお得なキャンペーンをしていることもよくあります。

また、付帯する保険や借り換え時や早期返済ができる場合の特約などもかなり条件が違っていることがあるので、かなり本気を出して詳しい内容を比較するようにしましょう。

「借り換え」と「早期返済」の特約事項

ローンのしくみを理解する上で大切なのは、この「借り換え」と「早期返済」の特約事項です。

また利息のかかりかたにも「変動金利型」「固定金利型」の二種類があり、その後の社会情勢によって返済するべき金額がかなり大きく異なってきます。

住宅やリフォームのローンのように長期的に返済をしていくことになる場合、固定金利と変動金利の好きな方から金利のつきかたを選ぶことができるようになっています。

固定金利の場合、最初に契約をした金利がそのあと数十年後までの返済金額に適用されることになりますが、変動金利の場合は市場の動向によって金利が上下していくことになります。

今後長期的な返済をすることを考えると現在の低い金利に基づく固定金利の方が有利になるとされているため、おそらく専門家の多くが固定金利を勧めるのではないかと思われます。

反対に変動金利の場合、公定歩合や市場の動向によっては支払う金額が少しずつ下降していく可能性があります。

数十年単位で見た時には固定金利の方がよいようですが、数年~10年未満で返済が終わるローンなら逆に変動金利を利用した方が支払い総額を安くおさえることができる可能性があります。