ローンってそもそもなに?

ローンとは

ローンの仕組み

ローンの仕組みを最も簡単に説明するなら、個人(または法人)が金融機関に申し込みをして現金を借入れ、契約の期限が来たら利子をつけてその金額を返すということです。

申し込みをする金融機関にはいくつか種類があり、大きく分けると「銀行系」「信販会社系」「消費者金融系」、それに住宅ローンのみですが「住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)」と、事業資金や教育ローンなど特定項目の貸付を行う「日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)」があります。

消費者金融と銀行系目的別ローン

これらローンを取り扱いする金融機関のうち、最も手続が簡単なのはキャッシングローンやカードローンを行う消費者金融系です。

消費者金融系の場合大手企業であるアコムの行う「むじんくん」に代表されるような、スタッフと対面しなくても最短30分程度で貸出を受けることができたりします。

反対に手続に時間がかかるのは銀行系や政府金融系の目的別ローンで、実際に貸し出すお金がどのような目的で使われるか、また必要な場合には担保をつけることができるかどうかなど信用調査をして、審査に通ったのちにようやくその金額を受け取ることができるようになっています。

ただし手続が簡単なキャッシングやカードローンでは利息が比較的高めの設定となっており、反対に目的別ローンで利用方法が限定されるほど利息は低めに設定されるようになっています。

そのためもしローンの目的が特定の項目のみであるならば、できるだけその目的のために用意されているローンを探して有利なものを利用することが賢い方法と言えます。

手続が簡単なキャッシング・ローンやカードローンは、利息は確かに高めになっていますが、手早く目的を問われず借入ができるスピード感は大変便利に利用ができるローンです。

消費者金融系の企業の中には、7~10日くらいまでの短い期間内に返済をした場合には金利がゼロとなるプランなど お得な内容となっているものもよく見かけられるので、急にお金が必要になった場合には給料日までの時間差を埋めるために利用するなど使い方を工夫すればかなり上手に使っていくことができます。

最近ではクレジットカード機能と一体化した便利に使用ができるカードローンも出てきています。クレジット一体型ローンの場合には、通常ショッピング枠として使えることになっている金額のうち、契約時の限度額までは現金として引き出せるようになっています。

金融機関独自のサービスを用意していることもよくあるので、契約時には細かく調べて総合的にお得なものを選ぶようにしましょう。

ローンについてもっと詳しく見る

いつ必要になる?
どうゆうシステムなの?
ローン豆知識