奨学金

奨学金

奨学金を利用すれば学生でも学費を支払える

学生が借入をする際は、原則的には親の名義で借りることが多いのですが、この奨学金に限っては学生本人の問題になります。

この制度は認知度が高く、進学時に学費を借りられることまでは広く知られています。
名称はどうであれ、奨学金もローンの一種に違いありません。

正しく利用する為にも、どういった制度なのかをきちんと理解しておきましょう。

奨学金とはそもそも何なのか?

奨学金とは、学校で勉強を受ける為の学費を援助する制度です。
そのため、家庭に余裕がなくて進学を諦めるしかなかった子供も、この制度を利用することで進学できます。

ローンの中でも、比較的社会福祉の為に機能しているのが、大きな特徴です。

これからの社会を担う子供に高度な教育を受けさせることで、社会全体がより発展していけるでしょう。
ただし、奨学金はあくまでローンなので、借りた金額に応じて利息がつきます。

比較的低金利ではありますが、入学から卒業までの学費となると数百万円の借入になるので注意が必要です。
また、申し込み条件を満たしているかどうかも、しっかり確認しておきましょう。

奨学金を実施している団体について

どこで奨学金を実施しているのかというと、主に学生の為の支援団体です。
第三者的な立場としては、独立行政法人日本学生支援機構が一番有名であり、金融機関の教育ローンと組み合わせて進学する方も多く見られます。

海外留学における奨学金もあるので、自分の進路の幅を大きく広げられるのがメリットです。

次に、その学校自身が実施している奨学金です。
成績優秀者に対しては学費免除といった形で報いるケースもあり、学生のモチベーション向上としても役立っています。
ただし、成績優秀者への優遇措置は、成績が下がった時点で打ち切られる場合が多いです。

また、通常の教育ローンに近いタイプについては、申し込みをするだけで借りられる傾向にあります。
民間企業による奨学金制度では、一定時間働くことを条件に学費を借りられます。

もっとも、指定された職場での勤務が優先される為、実習が義務づけられている学科などでは両立が困難です。
住み込みで働かなければいけないケースもあるので、詳しく調べてから決めましょう。
せっかく進学できても、学業を修められないのでは本末転倒になってしまいます。

それから、医師のような高度な専門職を目指す学科や、官公庁など国家の為に勤務する人材を育成する学校では、地方自治体か国家から奨学金が支給されます。

これは、最も信頼性が高い奨学金であり、卒業後の就職と直結している学校なので返還しやすいのが特徴です。
なお、卒業してから進路を変更しない限り、一定期間勤務すれば返還免除となるケースが多く見られます。