住宅ローン

住宅ローン

住宅購入という一生の決断

大人になると、自分の人生設計について考える人が増えます。
そういった人生設計では、住宅購入をするかどうかが大きなポイントになるでしょう。
何しろ住宅購入は、10年以上の長期ローンを組まなくてはなりません。

つまり、毎月の返済をしながら、並行して家族の扶養などもしていくのです。
一般的には、家族全員が快適に暮らせるように住宅購入をするので、熟考した上で決断する必要があります。

特徴を紹介します


住宅購入の際に一括で支払う人は極めて珍しく、多くの方が住宅ローンを組むことになります。

おおよそ20年程度の返済期間となることが多く、それだけ支払利息の金額も大きくなるのが特徴です。
返済期間が長くなるほど支払利息が増えるので、繰上げ返済によって短縮することで対処しましょう。

なお、住宅は不動産なので担保価値が高く、金融機関から登記簿に抵当権を設定されます。
完済するまでは、借入をしている金融機関に優先的に弁済される仕組みです。
長期にわたる借入なので、あらゆる観点から厳しく審査されます。

なぜなら、住宅そのものを担保にするとはいえ、金融機関側としても不良債権化になるのは好ましくないからです。
また、金融機関によって独自の制度を設けているケースもあり、時間をかけて比較して、自分にとって一番有利なところを選ばなくてはなりません。

主に銀行で取り扱っており、収入証明書といった書類一式を提出して審査を受ける必要があります。

住宅購入にどれだけの予算をかけるべきなのか?

この貸付には、多くの方に利用してもらえるように、段階的な金利を適用しています。
そのため、現在は収入が低いが10年後には昇給していることを見越した返済計画を立てる方もいます。

ファイナンシャルプランナーといった専門家に相談するのも、無理のない返済計画を立てる為の有効な手段の1つです。
ですが、そもそも住宅購入にどれだけの予算をかけるべきなのかが、大きな問題となっています。

終身雇用と年功序列がなくなっているので、中古の住宅も選択肢に入れるべきです。
明らかに自分の経済力を超えた返済計画にしてしまったら、将来的にせっかくの住宅を手放すことになりかねません。

ライフプランの一部としての住宅購入

返済計画については、金融機関の窓口でも相談できます。
具体的な融資基準を教えてもらえることもあるので、気軽に相談してみましょう。

しかし、長期的に返済していく借入なので、他のことを諦めてまで選択するべきかどうかを慎重に検討しなければなりません。

家族全員でよく話し合って、自分達にとって何が大切なのかを再確認しておきましょう。
例えば、子供が大学を卒業して自立するまでの住居として、手頃な中古住宅などを購入すれば、短期間で無理なく完済できます。

住宅購入は、あくまでライフプランの一部なので、長期的な視点に基づいて判断すると良いでしょう。

おすすめの商品紹介

新生銀行のパワースマート住宅ローンは、保証料金がかからずATMの手数料も無料です。
そのため、トータルで考えてとてもお得になるのがポイントです。
イオン銀行の住宅ローンでは、お得な固定金利プランがあります。

3年、5年、10年と年数に合せて金利が固定されているため、返済計画が立てやすいのがメリットです。
中でもおすすめなのが、三菱東京UFJ銀行の住宅ローンです。
UFJで口座を開設していなくても、インターネットで簡単に受付をしてくれます。

また24時間対応で、料金も無料なのでお得です。
どの商品もまずはシミュレーションをして、金利と合せて返済していく金額を割り出しておくのが賢い方法です。