教育ローン

大学進学にはお金がかかる

大学に支払う年間の学費には、講義だけではなく、図書館などの設備の維持にかかる費用も含まれています。
また、私立大学においては、任意の名目での徴収もあります。

大学受験は全国区で行っているので、1人暮らしの生活費も考えておくべきでしょう。
このような費用を計算すると、少なくとも年間200万円以上はかかります。

教育ローンを利用してみよう

先にも述べましたが、大学進学にはまとまった資金が必要となるので、場合によっては教育ローンを利用することも考えなくてはなりません。

教育ローンでは、大学などの学校に通う為の学費と、教科書といった教材一式、学校生活に必要となる生活費に使用できます。
原則的には、1人暮らしにかかる家賃の支払いにも、問題なく使用できるのです。

子供の教育は将来への大きな投資でもあるので、他の借入よりも優遇されているケースが多く見られます。
教育ローンを取り扱っている金融機関は、民間の金融機関と行政による公共性の高い金融公庫の2種類があります。

民間の金融機関は、借入を申し込む人に一定以上の安定収入があれば、誰でも申し込めるのが特徴です。
審査を通る必要がありますが、比較的借りやすいので、進学の選択肢を増やせます。

金融公庫では、民間の金融機関では借りにくい家庭を対象としており、扶養している子供の人数による優遇などをしています。

例えば、日本政策金融公庫では、低金利による教育一般貸付を実施しており、公共の福祉の1つとして機能しているのです。
民間の金融機関より借入金額が制限されるものの、心強い味方と言えるでしょう。

どういった学校に進学する時に対象になるのか?

どの学校でも対象になるわけではないので、自分が進学する予定の学校について調べておきましょう。
日本国内であれば、原則的にカリキュラムが6ヶ月以上で、中学校卒業以上の学校を対象としています。
したがって、審査を通れば高校進学などにおいても利用できるのです。

借入の申込人になる為には、安定した収入があることが必須条件です。
そのため、学生本人が申込人となる為には、すでに成人していて安定した収入がなければなりません。
また、学校卒業後には利息もかかってくるので、早期に返済する必要があります。

メリットデメリットとは?

利用する上で知っておきたいのは、メリットとデメリットです。
まずはメリットですが、入学をした時ではなくても在学中にもお金を借りることが出来ます。

そのため、必要になったらいつでも申し込みをすることが出来るのです。
他には利用金額が大きいという点です。

一般的な融資とは違い、学生でも数百万円単位で融資をしてもらうことが可能です。
では、デメリットには何があるのでしょうか。

民間と行政のどちらも審査が厳しいということです。
シビアな審査基準が設けられているため、時間がかかるのがデメリットです。