女性専用ローン

女性専用ローン

女性でも利用しやすい借入とは?

20歳以上の成人になれば、親に承諾をとらなくても契約を締結できます。

自動車免許の取得や海外旅行といったお金がかかる行動に、一時的な借入を利用する人も多いのではないでしょうか。
ですが、女性の中には消費者金融というあまりイメージが良くない印象を持つ人も多く、申し込みや審査の段階で男性スタッフに対応してもらう事を嫌がる人もいます。

そのため、男性に比べて女性には利用したくてもしにくい状況が生まれてしまうのです。

とても便利な女性専用ローン

現在では、多くの金融機関で女性専用ローンを取り扱っています。
女性専用というだけあって、女性の担当者が優しく応対してくれるサービスがあり、安心して利用できるのが特徴です。
ただし、審査においては安定した収入があるかどうかを見られるので、他よりも借りやすいというわけではありません。

いつでもスピーディに個人向け融資を受けられるので、様々な用途に使用できるのが大きなメリットです。
ホームページでも、女性向けに柔らかい表現が用いられているので、リラックスして借入条件の把握から申し込みまで行うことが出来ます。

主婦でも借りられる可能性がある

女性専用ローンならば、主婦でも借りられる可能性があります。
原則的には安定した収入が必須なのですが、主婦については夫の収入証明書の提出で済むケースもあります。
個々の状況によって異なるので、まずは金融機関の相談窓口に問い合わせてみましょう。

もちろん、主婦であっても、パートなどによる定期的な収入があれば、自分の名義だけで借りられます。
夫には内緒で借入をしたい場合でも、郵便物の停止といったサービスがあるので安心です。

とはいえ、借入は社会的信用に基づく行為なので、万が一返済が遅れてしまうと、家族にも迷惑がかかってしまいます。
自分の返済能力を把握して、期日までに完済できる範囲で利用しましょう。

新しい形態の女性専用ローン

これまでは主婦が対象だったので、1回数万円程度というキャッシングだけでしたが、近年では女性のライフスタイルが大きく変化していきました。
女性の社会進出が進み、結婚せずに自分の為に生きていく方が増加してきたのです。

その結果、自分が快適に暮らせるマイホームを求めるニーズが高まり、女性専用住宅ローンという新しい形態が登場しました。
従来の夫婦揃っての住宅購入ではないので、女性1人でも安心して借りられるようなサポートが充実しています。

例えば「がん保障特約付団体信用生命保険」に加入することで、がんになってしまった時にそれ以降の返済が免除されるのです。
さらに、入院保障もついているケースが多く、入院が返済日をまたいでしまっても保険金でカバーできる可能性があります。

つまり、ライフプランの一環として、医療保険と併せて支払うことが出来るのです。
金融機関と提携している施設では割引価格になるサービスもあり、自分が自由にできる不動産物件に住みながらも毎日の生活を満喫できます。