どんなローンがあるのか

個人ローン

国内の銀行を利用した個人ローンの利用金額はここ20年あまりのうちに急激に伸びを見せています。

ローンの利用シーンとしては、住宅購入、マイカー資金、結婚・出産、子供の養育資金といった場面が一般的ですが、最近ではブライダルローンやトラベルローンのような特定される条件に使い道が合致していれば便利に利用をしていくことができるというふうに内容が変化してきています。

とはいえ現在利用されている資金のうちの90%以上を占めているのは住宅関連資金としての利用であるので、この業界においては住宅ローンが最も重要な金融商品であるという点は間違いがないようです。

住宅ローン

銀行を始め政府系の金融機関である住宅金融支援機構など数多くの場所から借入ができるようになっています。

また一度契約をした住宅ローンであっても、より条件のよいところからの借入に変更する借り換えローンや、一度購入した住宅を売却して新たな住宅に移り住むための資金にあてる住み替えローン、建て替えや修繕工事を行うためのリフォームローンなど長期的な住宅資金調達に便利に利用していくことができます。

また住宅のための土地や建物購入資金だけでなく、消費税や不動産仲介料、保証料、火災保険、登記料といったようなあらゆる住宅にかかわる資金を借入するためのローンもあるので、住宅に関してまとまったお金が必要な時には住宅ローンの一部として借入ができるかどうかを問い合わせしてみるとよいでしょう。

マイカーローン

次に利用件数が多いのがマイカーに関する資金を調達するために使うマイカーローンです。 社会人となったばかりの人や、買い替えを考えている人のための車資金を先に用意する時に利用されます。

住宅ローンと同じく銀行から借入をすることもできますが、正規のディーラーから購入する場合などは子会社の金融機関を通じたローンを紹介されることが多くなっています。

どちらがお得であるかということはなかなか判断しづらいところですが、どのローンを利用するかも車選びとともにじっくり考えた方がよいでしょう。

ブライダルローン

他にも最近よく見られるようになってきたのが、結婚資金を準備するためのこのローン方法です。

ブライダルローンとは、結婚式費用のほか衣装代や写真代、ハネムーン費用などをまとめて借いれることができるようにしたものです。

せっかくの結婚式を金銭面で妥協したくないというこだわりのあるカップルの多くに利用をされているようです。

目的別カードローンの詳細はコチラ