ビジネスローン

ビジネスローン

起業するという選択

通常の借入では、期日までに確実に返済してくれる見込みが必要不可欠です。
しかし、実績がある企業に勤めているサラリーマンならともかく、自分でビジネスをやっていくとなると、そうはいかないでしょう。
そこで、そういったビジネス用途に使用できる借入について詳しくみてきましょう。

ビジネスローンとは何か?

一部の金融機関では、ビジネスの開業費用や運転資金として使える借入があります。
一般的な借入は、使用用途がフリーだとしても、事業用には不可というケースが多いので注意しましょう。

その点、ビジネスローンであれば、問題なく開業費用などに使用できるので、スムーズにビジネスを進めていけます。
融資期間は金融機関によって異なり、数ヶ月から数年といったところです。

原則的に無担保、第三者の保証人不要となっているものの、少なくとも代表者1名は連帯保証人になる必要があります。

また、事業内容が重要となるので、利用前に金融機関の担当者との面談をしなければなりません。
事業内容を証明できる決算書といった書類一式を用意しておくと、担当者の心証が良くなるでしょう。

個人事業主と法人での扱いの違い

ビジネスローンでは、個人事業主と法人で扱いが変わってきます。
個人事業主向けとしては、小口融資が中心であり、身分証明書と確定申告書の原本で借りることが出来ます。

そして、法人向けでは大口融資となるので、最新の決算書2期分の原本と、会社としての登記事項証明書、事業計画書を提出するのが一般的です。

なお、契約締結時の費用として、実費分の印紙代がかかります。
商取引では、取引先から手形で支払われることがよくあります。

そのため、数ヶ月先にはまとまった現金が入手できるが、その前に大きな支払いがあって困るケースが珍しくありません。
そういった一時的なつなぎ目的では、ビジネスローンが大きな助けになってくれるでしょう。

取り扱い可能な金融機関と商品

取り扱い機関は、事業内容を見極める必要があるので、一部の大手銀行かビジネスローン専門の金融機関のどちらかとなります。
まず大手銀行では主に法人を対象としており、最新の決算期において債務超過ではない健全な経営であることが求められるのです。

もっとも、すでに何らかの形で取引がある場合は、その分を考慮してもらえるので、審査において有利になるでしょう。
ビジネス用の借入を専門に扱っている金融機関では、比較的審査が緩やかです。

しかし、やはり健全な経営であることが必要条件なので、きちんと担当者に説明できるように準備をしておかなければなりません。

商品は銀行であればオリックス銀行や楽天銀行で取り扱われています。
専門の金融機関は、ビジネクスト株式会社やシンキ株式会社が有名です。