自動車ローン

自動車

自動車ローンは自動車の購入に大きな効果を発揮

自動車ローンとは、自動車を購入する時に利用できる借入方法です。
借りたお金は、自動車の購入にしか使用することが出来ません。

しかし、他の借入と比べて金利が低めであることが多く、かなり魅力的な条件となっています。
支払い対象が明確である為、自動車の購入が成立した時点で、金融機関からディーラーへ直接支払われるケースが一般的です。

使用用途が固定されている点を除けば、借入までの手順は金融機関の審査と同様です。
お目当ての自動車を見つけたら、契約書を作成してもらい、審査を申し込むだけです。
なお、最終的な金額が分からなければ審査を申し込めないので、注意しましょう。

メリットとデメリットを紹介します

自動車向けの借入は、低金利なのが最大のメリットです。
取り扱っている金融機関が多いので、自分が口座を持っているところで借りることが可能です。

地元密着型の地方銀行でも申し込める点がメリットであり、他の借入があれば金利優遇などの措置を受けられます。
また、自動車そのものを担保として扱う為、審査申し込みに関して保証人と担保が不要という金融機関が多いです。
ただし、あまり利用していない金融機関では、金利が高くなってしまう恐れがあります。

例えば、これまで何の取引もしていない金融機関で申し込んだ場合、広告に表示されている金利に上乗せされるケースもあるのです。
そのため、できるだけ毎月使っている口座がある金融機関を選びましょう。

商品紹介~目的から探す~

この融資タイプには、目的に応じて色々なタイプがあります。
新車購入貸付、中古車購入貸付、修理・整備貸付、車検貸付などです。
他にも様々なタイプがありますが、多くの方が利用しているのは主にこの4つになります。

新車を購入する人には、東京信金のカーライフプラン(全期間固定金利型)がおすすめです。
金利は1.350%と最も低く、借入最高額も500万円と新車を購入するのに十分な上限です。
中古で購入する場合は、eマイカーローン21がおすすめです。

最長借入期間が8年と長く、金利は1.050%~と低いのもいいところでしょう。
車を持つと部品が壊れてしまったり、電気系統の不具合が起こることがあります。
そこで利用したいのがJAマイカーローンです。

JAと取引をしたことが無い方でも、決められた出資金を入金するだけで誰でも利用することができるので安心です。
国産車や輸入車のどちらにも共通するのが車検です。

ここで利用したいのが、日本証券金融コムストックローン・ダイレクトです。
審査まで1週間かかるところがほとんどですが、ここなら1日で審査が終了します。

また来店する必要もなく、インターネットで申し込みをすることが可能です。