クレジットカード利用停止が・・・

クレジットカードの落とし穴

毎日の生活にクレジットカードを使用している人が多いことでしょう。

ですが、便利なクレジットカードも管理で油断をしていると、引き落とし予定日に必要な金額が口座になく「支払遅滞」が起きてしまうことがあります。

大手クレジットカード会社の場合、引き落とし日に金額がなかった場合は一旦「遅滞」として扱い、本人に連絡をしたあと月に何回か再度引き落とし日を設定します。

その日にも金額が口座になかったような場合には利用停止となってしまうのです。

このような支払遅滞は、ついうっかりというような場合も数度同じようなことを繰り返すと悪質とみてカード会社の方から解約を申し出られてしまいます。

しかしこのカード会社からの解約は、のちにかなり重大な影響を残してしまうことになります。

クレジットカードの解約を会社から通告されてしまった場合、その情報は金融機関共通のデータベースに記録されてしまいます。

その記録はかなり長く残ることになるので、その後に住宅ローンや自動車ローンを組もうとしても、そのことを理由に審査が通らなくなってしまうこともあるのです。

クレジットカードの強制解約はよほどのことなので、たかが支払日遅れくらいと軽く考えることなく、口座には十分に金額を入れておくようにしっかりと資金の管理をしていきましょう。

ところでこのクレジットカードの強制解約ですが、支払い延滞の他にもいくつかの条件に該当することで同じような処分がされてしまうこともあります。

支払遅滞以外の原因

その条件とは、不正利用をされていると判断される場合や、換金目的で物品を購入していると思われるとき、さらにそのカードの利用規約に違反した方法で使用をしていた場合です。

クレジットカードは紛失や盗難があった場合には、本人の申し出や会社側の裁量により一時的に利用が停止されることがあります。
会社側の判断規準としては、カードの持ち主が普段使用していないところで高額の買い物をしたりした場合です。

また、購入した物品がパソコンや高額の家電製品ばかりであったような場合には、品物を売って現金化しようとしているとみなされ、やはり停止処分を受けることになります。

利用規約の違反の例としては、本人のみしか使用してはいけないはずのカードを他人に使用させたりした場合です。

クレジットカードが停止されると日常の支払いにも支障をきたしてしまうことにもなります。
カードの利用は「借金」なのだということを忘れず、日付にはきちんと入金しておきましょう。