こんなに怖い返済遅滞

「返済遅滞」とは?

便利なカードローンですが、なんとしても防がなくてはいけないのが「返済遅滞」です。

返済遅滞とは文字通り定期的な返済期日に所定の口座に必要な金額を入れていなかったために、期日に引き落としができなくなってしまう状態のことです。

返済遅滞といっても、本当に期日までお金の用意をすることができなかったという場合と、うっかりミスで口座にお金を移動させることを忘れていたという場合とがあります。

期日内にお金が入っていなかったというときには、約定日に残高不足であったことを通知する連絡があります。

この連絡はほとんどの場合はがきによって行われるようになっており、必要に応じてそのはがきに書かれている方法にしたがって金額を入金することになります。

うっかり忘れてしまっていたという場合にはそこで入金をすれば特に遅滞として扱われることはありません。
ですが何度も繰り返してしまうと心象が悪くなってしまい、ブラックリスト扱いをされる可能性もあります。

また、入金を忘れていたとあとから気がついたときハガキが未着であってもすぐに連絡をした方がよいでしょう。
その際電話を通じて別の入金方法を案内されることもあるので、その通りできるだけすみやかに返済金額を支払います。

どうしても入金できない事情がある場合

もしその日にどうしても入金できない事情ができてしまったら、その旨も早めに相談をした方がよいでしょう。

例えば他のところから収入を得られることがわかっており、それまで数日の猶予が必要ということであれば、借入をしている企業にそのことを正直に告げれば返済を待ってもらえることもあります。

こちらも何度も繰り返していると信用度に問題が出てしまうこともありますが、最初の1回目ということならほとんどのところで待ってくれるはずです。

もし未連絡のまま入金がなく、督促の手紙が来ても無視をしていたりすると、返済遅滞が悪質であるとしてブラックリストに名前が乗ることになってしまいます。

一度ブラックリストに乗るとその情報は他の貸金業者や金融機関全てにデーターベースとして出まわってしまうので、その後別の機関からの借入の審査に受からなくなってしまったり、新たにクレジットカードの申請をしても通らないということもあります。

一度ブラックリストに乗ったあとでその情報を消すには完全に返済を終わらせるとともにさらに数年を待たなければならないので、そう簡単にはもとに戻ることはできません。

もっともやってはいけないこととして十分に注意をしていきましょう。