自己破産をしてしまったら?

自己破産

返済不可能な状態になってしまったら?

生活費に困ってローンを借りているうちに、
気がつくと莫大な金額にまで借入総額が膨らんでしまっており、
収入よりも返済金額の方が高いといった完全に返済不可能な状態になってしまったときには、
どうしたらよいでしょうか?

自己破産

そのような債務超過による返済が絶対に不可能な状態になってしまった人に対しての
法的な救済策となっているのが「自己破産」の制度です。

自己破産とは、裁判所に申し立てを行い、
そこで認められることにより借入金額の返済の免責・免除を
受けることができるようにするという制度です。

借入額が多くなりすぎて生活を圧迫するようになってしまった人に対しての
救済制度はこの自己破産の他に、個人再生、任意整理、特別調停などがありますが、
中でも自己破産は最終的な手段として借入額を一括して免除するというものになっています。

他の救済制度がなんとか返済ができるような状態になれるように
調整をしていくというものであるの対し、自己破産はすべての金額を精算して
そこで一度貸し借りの関係を切ってしまうというところが特徴になっています。

自己破産の仕組み

自己破産が認められると、その時に自己所有している財産はすべて没収となり
現状で用意できるだけの金額を計算したのちに
借入をしていた業者に分配をしていくことになります。

ですが、何もかもがとられてしまうわけではなく、
生活に必要となる家財道具(20万円以下と認められるもの)や
99万円以下の現金は手元に残されることになります。

つまり当面の生活だけは確保できることになり、
そこから借金ゼロの新しい生活をスタートさせていくことになるのです。

自己破産をしたという個人情報は官報である政府発行の新聞に掲載されるだけであり、
金融関連業者以外のところに通達されることもありません。

職場や友人などに自分で話さない限りはバレることはないので、
普段通り仕事を続けていくことも可能です。

デメリット

ですがそんな自己破産制度ですが、当然大きなデメリットもつきまといます。

まず、法律関連の資格が必要な職業やその他制度によって定めがある仕事では、
自己破産をすることにより業務を行うことができなくなってしまいます。

他にも自己破産をしたという記録は長く金融機関のデータベースに残ることになるので、
新たにローンを組んだりすることができなくなります。

クレジットカードが作れなくなるなど、細かい面で不自由さを感じることになってしまいます。

自己破産は最終手段とし、できるだけ再建型の処理をするようにしましょう。