ブラックリストとは何か

ブラックリスト

ブラックリストとは?

キャッシングやローンを利用するときには、 しばしば「ブラックリスト」という名称を非常によく聞きます。

ブラックリストとは日本国内で借入ができる金融機関のほぼ全てが共通して利用する個人の金融情報における要注意人物を記載したリストのこと。

そこに掲載されてしまうと他の金融機関で借入をしようとしても審査に通らなくなってしまったりします。

しかしブラックリストという名称こそ有名になったものの、実際にどのような行動をしたら載せられてしまうかということについては意外と知られていません。

几帳面な人などは、借入をしているときにうっかり一度支払い期日から遅れてしまっただけでもブラックリストに載ってしまうのではないかという恐怖感を抱いていたりします。

ブラックリストの条件

ブラックリストに記載される条件と言われているのが、大きく3つあります。

・1つ目:3ヶ月以上の延滞
・2つ目:債務整理や破産申し立てなどをした場合
・3つ目:貸し出し禁止の申し立てがある場合

ただし登録名に本当に「ブラックリスト」という名称がついているわけではありません。

上記の3条件に当てはまる人の場合には新たな借入申し込みが極端に通りにくくなることからそうした通称が使われています。

自分自身の借入状態を確認しておこう

ちなみに自分自身の借入状態については自分で参照することもできます。
金融機関系・信販会社系・消費者金融系の各個人情報センターの窓口にいくと問い合わせをすることができます。

過去に起こした返済トラブルに関して言えば、最ものちのちまで影響を与えるのがいわゆる多重債務の状態となる、複数の金融機関からの借入金額にすべて返済することができなくなってしまう場合です。

また新たに申し込みをしようとするときに、他者からの借入金が高額となってしまっていると、かなり印象は悪くなってしまいます。

複数の金融機関から借入すること自体はよいのですが、その場合返済遅滞が起こっているとかなり信用情報に重大な傷がついてしまいます。

一度ブラックリストに載ってしまうと、一定期間はその情報に基づいた新規申し込みへの取扱がされてしまいます。

延滞がある場合は延滞中およびその解消ができてから1年を超えない期間まで、その他債権回収や債権整理、破産申立、民事再生、などがあった場合には発生から5年を超えない期間は情報はずっと残り続けます。

ブラックリスト掲載期間中にはクレジットカードが使えなくなったり、配偶者のローン契約の審査に悪影響を与えてしまったりというかなり重大な不自由を受けることになります。