ローン返済中の事故や失業

ローンを組もうとしている方からのご質問

Q.これからローンを組もうと思っている者です。
しかし現在勤務している会社の先行きに不安な部分があり、万が一在職中に倒産などが起きた場合には予定していた額をきちんと支払うことができなくなってしまう可能性があります。

そこで質問なのですが、もし組んでいるローンに対して予定通りに返済ができなくなってしまったような場合に備えておける対策などはあるのでしょうか?

生命保険など入っておくと便利なものなど紹介してもらいたいです。

団体信用生命保険がおすすめ

A.ローンを組んだものの、事情があって完済が難しい状況におかれてしまうこともよくあります。
特に住宅ローンなど数十年にもわたる長期ローンの場合には、途中でローン名義人が病気になってしまったり、その他災害や事故などにあってしまうこともあるでしょう。

そのような不測の事態に備えておく方法としては、団体信用生命保険というものがあります。
団体信用生命保険とは、住宅ローンを組む時に金融機関も積極的に加入をすすめてくる便利な生命保険です。

団体信用生命保険に加入をしておくと、万が一ローン名義人が死亡もしくは重度の障害をおったときに生命保険から全額返済をすることができます。

ただし団体信用生命保険では、受けた障害の認定基準が「体の一部機能を永遠に失ってしまう」ほどの大きなものとなっているので、回復可能なケガや病気の場合には適用がされません。

また加入時に持病があったのにそれを隠していたような虚偽報告があったような場合にも支払いを受けることができませんので、加入時にはきちんと条件などをチェックして万が一のときに備えられるようにしておきましょう。

ご相談の内容では、ケガや病気、死傷の場合ではなく退職をするような場合などについてのお尋ねです。
そのような不測の事態に備える方法として「住宅ローンサポート保険」というものがあります。

この場合病気による返済不能が適用範囲となりますが、病気などにより一時的に支払いができなくなったローン額に対して一定期間肩代わりをしてくれるという内容になっています。

支払いを受ける場合にもその病気の重症度によって金額に差が出てくるので、どの保険にするかをきちんと選んでおく必要があります。

失業に備える保険としては「失業保険」として金融機関が用意しているものもあります。
ですが基本的には失業など収入が不足してしまうことになった場合には、住宅を売却するなどしてローン関係を解消するようにするのが通常です。