カテゴリー別アーカイブ: ローンの種類

奨学金

奨学金

奨学金を利用すれば学生でも学費を支払える

学生が借入をする際は、原則的には親の名義で借りることが多いのですが、この奨学金に限っては学生本人の問題になります。

この制度は認知度が高く、進学時に学費を借りられることまでは広く知られています。
名称はどうであれ、奨学金もローンの一種に違いありません。

正しく利用する為にも、どういった制度なのかをきちんと理解しておきましょう。

奨学金とはそもそも何なのか?

奨学金とは、学校で勉強を受ける為の学費を援助する制度です。
そのため、家庭に余裕がなくて進学を諦めるしかなかった子供も、この制度を利用することで進学できます。

ローンの中でも、比較的社会福祉の為に機能しているのが、大きな特徴です。

これからの社会を担う子供に高度な教育を受けさせることで、社会全体がより発展していけるでしょう。
ただし、奨学金はあくまでローンなので、借りた金額に応じて利息がつきます。

比較的低金利ではありますが、入学から卒業までの学費となると数百万円の借入になるので注意が必要です。
また、申し込み条件を満たしているかどうかも、しっかり確認しておきましょう。

奨学金を実施している団体について

どこで奨学金を実施しているのかというと、主に学生の為の支援団体です。
第三者的な立場としては、独立行政法人日本学生支援機構が一番有名であり、金融機関の教育ローンと組み合わせて進学する方も多く見られます。

海外留学における奨学金もあるので、自分の進路の幅を大きく広げられるのがメリットです。

次に、その学校自身が実施している奨学金です。
成績優秀者に対しては学費免除といった形で報いるケースもあり、学生のモチベーション向上としても役立っています。
ただし、成績優秀者への優遇措置は、成績が下がった時点で打ち切られる場合が多いです。

また、通常の教育ローンに近いタイプについては、申し込みをするだけで借りられる傾向にあります。
民間企業による奨学金制度では、一定時間働くことを条件に学費を借りられます。

もっとも、指定された職場での勤務が優先される為、実習が義務づけられている学科などでは両立が困難です。
住み込みで働かなければいけないケースもあるので、詳しく調べてから決めましょう。
せっかく進学できても、学業を修められないのでは本末転倒になってしまいます。

それから、医師のような高度な専門職を目指す学科や、官公庁など国家の為に勤務する人材を育成する学校では、地方自治体か国家から奨学金が支給されます。

これは、最も信頼性が高い奨学金であり、卒業後の就職と直結している学校なので返還しやすいのが特徴です。
なお、卒業してから進路を変更しない限り、一定期間勤務すれば返還免除となるケースが多く見られます。

女性専用ローン

女性専用ローン

女性でも利用しやすい借入とは?

20歳以上の成人になれば、親に承諾をとらなくても契約を締結できます。

自動車免許の取得や海外旅行といったお金がかかる行動に、一時的な借入を利用する人も多いのではないでしょうか。
ですが、女性の中には消費者金融というあまりイメージが良くない印象を持つ人も多く、申し込みや審査の段階で男性スタッフに対応してもらう事を嫌がる人もいます。

そのため、男性に比べて女性には利用したくてもしにくい状況が生まれてしまうのです。

とても便利な女性専用ローン

現在では、多くの金融機関で女性専用ローンを取り扱っています。
女性専用というだけあって、女性の担当者が優しく応対してくれるサービスがあり、安心して利用できるのが特徴です。
ただし、審査においては安定した収入があるかどうかを見られるので、他よりも借りやすいというわけではありません。

いつでもスピーディに個人向け融資を受けられるので、様々な用途に使用できるのが大きなメリットです。
ホームページでも、女性向けに柔らかい表現が用いられているので、リラックスして借入条件の把握から申し込みまで行うことが出来ます。

主婦でも借りられる可能性がある

女性専用ローンならば、主婦でも借りられる可能性があります。
原則的には安定した収入が必須なのですが、主婦については夫の収入証明書の提出で済むケースもあります。
個々の状況によって異なるので、まずは金融機関の相談窓口に問い合わせてみましょう。

もちろん、主婦であっても、パートなどによる定期的な収入があれば、自分の名義だけで借りられます。
夫には内緒で借入をしたい場合でも、郵便物の停止といったサービスがあるので安心です。

とはいえ、借入は社会的信用に基づく行為なので、万が一返済が遅れてしまうと、家族にも迷惑がかかってしまいます。
自分の返済能力を把握して、期日までに完済できる範囲で利用しましょう。

新しい形態の女性専用ローン

これまでは主婦が対象だったので、1回数万円程度というキャッシングだけでしたが、近年では女性のライフスタイルが大きく変化していきました。
女性の社会進出が進み、結婚せずに自分の為に生きていく方が増加してきたのです。

その結果、自分が快適に暮らせるマイホームを求めるニーズが高まり、女性専用住宅ローンという新しい形態が登場しました。
従来の夫婦揃っての住宅購入ではないので、女性1人でも安心して借りられるようなサポートが充実しています。

例えば「がん保障特約付団体信用生命保険」に加入することで、がんになってしまった時にそれ以降の返済が免除されるのです。
さらに、入院保障もついているケースが多く、入院が返済日をまたいでしまっても保険金でカバーできる可能性があります。

つまり、ライフプランの一環として、医療保険と併せて支払うことが出来るのです。
金融機関と提携している施設では割引価格になるサービスもあり、自分が自由にできる不動産物件に住みながらも毎日の生活を満喫できます。

ビジネスローン

ビジネスローン

起業するという選択

通常の借入では、期日までに確実に返済してくれる見込みが必要不可欠です。
しかし、実績がある企業に勤めているサラリーマンならともかく、自分でビジネスをやっていくとなると、そうはいかないでしょう。
そこで、そういったビジネス用途に使用できる借入について詳しくみてきましょう。

ビジネスローンとは何か?

一部の金融機関では、ビジネスの開業費用や運転資金として使える借入があります。
一般的な借入は、使用用途がフリーだとしても、事業用には不可というケースが多いので注意しましょう。

その点、ビジネスローンであれば、問題なく開業費用などに使用できるので、スムーズにビジネスを進めていけます。
融資期間は金融機関によって異なり、数ヶ月から数年といったところです。

原則的に無担保、第三者の保証人不要となっているものの、少なくとも代表者1名は連帯保証人になる必要があります。

また、事業内容が重要となるので、利用前に金融機関の担当者との面談をしなければなりません。
事業内容を証明できる決算書といった書類一式を用意しておくと、担当者の心証が良くなるでしょう。

個人事業主と法人での扱いの違い

ビジネスローンでは、個人事業主と法人で扱いが変わってきます。
個人事業主向けとしては、小口融資が中心であり、身分証明書と確定申告書の原本で借りることが出来ます。

そして、法人向けでは大口融資となるので、最新の決算書2期分の原本と、会社としての登記事項証明書、事業計画書を提出するのが一般的です。

なお、契約締結時の費用として、実費分の印紙代がかかります。
商取引では、取引先から手形で支払われることがよくあります。

そのため、数ヶ月先にはまとまった現金が入手できるが、その前に大きな支払いがあって困るケースが珍しくありません。
そういった一時的なつなぎ目的では、ビジネスローンが大きな助けになってくれるでしょう。

取り扱い可能な金融機関と商品

取り扱い機関は、事業内容を見極める必要があるので、一部の大手銀行かビジネスローン専門の金融機関のどちらかとなります。
まず大手銀行では主に法人を対象としており、最新の決算期において債務超過ではない健全な経営であることが求められるのです。

もっとも、すでに何らかの形で取引がある場合は、その分を考慮してもらえるので、審査において有利になるでしょう。
ビジネス用の借入を専門に扱っている金融機関では、比較的審査が緩やかです。

しかし、やはり健全な経営であることが必要条件なので、きちんと担当者に説明できるように準備をしておかなければなりません。

商品は銀行であればオリックス銀行や楽天銀行で取り扱われています。
専門の金融機関は、ビジネクスト株式会社やシンキ株式会社が有名です。