カテゴリー別アーカイブ: もしお金を払えなかったら?

代位弁済制度について

代位弁済とは?

金融機関からローンを組んでいたものの、事情により返済期限に間に合わせることができなくなったという場合には、その遅滞分と合わせ残りの返済額をまとめて請求されることにもなってしまいます。

もともと月額の返済ができないのだから一括返済を請求されてもできるわけないとお思いになるでしょうが、その通りもし本当に返済ができないということになったら自己破産や債権整理といったその後の信用に大きな影を落としてしまう事態にもなりかねません。

なんとか自己破産などは免れたとしても、自宅を売却したり親戚や両親などから財産を借り入れたりといった、家族離散の危険性すらあることにもなります。

そうした返済遅滞からの一括請求ですが、これはどんな基準でどのくらいの手続きがとられるかということについて、その金融機関ごとに微妙に違いがあるようです。

一般的な金融機関では、返済遅滞が3ヶ月程度続くとその金融機関が所有している債権は、契約時に設定する保証会社へ代位弁済を求めます。
カードローンや目的を求めないフリーローンの場合、無担保で借り入れができるようになっていることがよくあります。

注意点

そのため通常の金銭借り入れでは提示を求められる保証人はいなくてもよいことになっており、その代わり「代位弁済」として金融機関と借入人の間に入る保証会社が変わって請求内容に応じた返済を行うことになります。

代位弁済という言葉では、借り入れをした人の代わりに弁済をするというニュアンスが強くなりますが、実際の法的関係としては、保証会社が金融機関から債権を買い取るというような形になります。

そのため代位弁済が発生すると、借入金の残りとそれに付帯する金利部分について請求権が金融機関から保証会社へ移動します。

つまり突然それまで全く関係がなかった企業から請求書が届いたり、とりたての電話がかかってくるということです。

この保証会社をめぐる法律的な関連や制度についてはかなり細かく定められているのでケース・バイ・ケースとなりますが、一つ言えることはその請求は保証協会債権回収株式会社という債権回収を専門に行う企業へ移ることになります。

債権回収専門会社というと強面の人が脅迫的な取り立てをするのではないかというふうに思えますが、最近はそうした暴力団関連の人はむしろ少数となっています。

ただしあくまでもビジネスとしての取り立てを行うため、話し合いが破綻した場合には淡々と民事裁判などの手続きが進められていくことになります。

繰り上げ返済はするべき?

返済遅滞を起こしてしまったら?

利用中のローンで返済遅滞を起こしてしまった場合には、その後の借り入れにも影響してくる重いペナルティが与えられるようになってしまいます。

そのため、真面目な性格の人などは住宅ローンのように長期的な返済をするローンについては、まとまったお金が入ったら即座に繰り上げてどんどん返していってしまう方法がもっともよいというふうに思い込んでいたりすることもあります。

確かに金融機関などからお金を借りていて、それを月々返済していかなくてはいけないということは心理的にプレッシャーになりますしなんとなく気分がよいものではありません。

ですが少し待ってもらいたいのが、そうした繰り上げ返済をすることは必ずしもプラスなことばかりではないということです。

早く返すことはお得?

今回は、「返せなかったらどうなるか」ということというよりも「早く返したらどうなるか」ということについての話題です。

通常の場合、住宅ローンのように長期にわたって返済をするローンでは返済残金に応じて利息がかかっていくので早めに多く金額を返済することで、その後にかかる利息の額を減らしていくことが可能です。

そのことが「長期ローンはできるだけ早く返した方がお得」という認識を生んでいる原因ではないかと思います。

ですが住宅ローンのように長期間に渡るローンの場合には、金融機関からの融資に対して特例的な措置がとられていることもあります。

例えば住宅ローン控除を受けているような場合で、この控除は年末時点のローン残高に応じて控除額が決まるので12月のボーナスが入った時点で多額の返済をしてしまうと、年末時の残高が経るため控除額も減ってしまうことになります。

繰り上げ返済のデメリット

そのため、早く返してしまったために返済をすべき金額が増えることになったというケースもあるのです。
ただしこのときに繰り上げ返済をすることで減る利息金額と、控除によって受けられる金額とのどちらが大きいかということは専門的な計算をしないと算出ができないということもあるので、一概にどちらが得かということは断定することはできません。

確実に繰り上げ返済が損をすると場合としては、団体信用生命保険が適用される場合です。
団体信用生命保険(団信)は、ローン契約者が支払い期間中に死亡もしくは高度障害を負ったとき、債務者に変わって生命保険会社がローン残金を返済するというものです。

もし繰り上げ返済をしてしまった場合、保険料による充当ができないため先に返済した部分が還付されることはありません。

雪だるま式借金とは?

多重責務者

お金を借りたあと、その利息がどんどん膨らんでいって
返済が不可能なレベルに達してしまうようなことを「雪だるま式借金」と
言ったりします。

言葉の意味はそのまま、雪の上を転がしていくとどんどん大きくなる
雪だるまになぞらえたものですが、実際にそのような状態におかれているときには
それとは気づきにくいものです。

そのような返済不可なレベルに利息が増えていってしまった人の多くが
「多重債務者」となって最終的には自己破産などの手続きをとることになります。

原因とは?

そうした人をはた目から見ると
「どうしてそうなる前に手を打たなかったんだ?」というような疑問が
持たれるものですが、なぜそのような結果になってしまうのでしょうか。

雪だるま式の借金になる最も大きな原因は、
借り入れを繰り返しているうちに今自分がどこからいくら借りているか
ということを把握できなくなってしまうことです。

最初の借入時には比較的業者からの説明も詳しく聞きますし、
返済計画をどのようにするかも自分なりに理解できるような状態にしておきます。

ところがこれが一か所からの借り入れでは金額が足りなくなり、
複数の金融業者から借り入れをするようになると一気にそのしくみは
複雑になってきます。

極端ではない話、毎月請求されてくる額が本当に適正な計算が
されているものであるのかすら自分ではわからないといったふうに
なってしまうのです。

この、どこまでが元本でどこからが利息なのかといった感覚が
なくなったときが、言ってみれば雪だるま式借金の最初の一転がりと
いうふうに言えます。

返せない借金をしない!

雪だるま式借金を防ぐための最も大事なポイントは
「返せない借金はしない」ということに尽きます。

今は大変便利になって、利息計算方法とともに借入額を
入力するだけで簡単に返済額や期間を算出してくれるシミュレーターも
ネット上に公開されています。

お金を借り入れしなくてはならない事態に陥ったときにも、
このシミュレーターで一度計算をしてみるという一手間をかけることで、
一旦冷静になってその借入をどうするかを振り返ることが
できるようになっています。

またもし複数の金融機関から借り入れをして、自分の給与額では
到底返しきれない金額になってしまったとしたら、早めに弁護士や司法書士、
もしくは最寄りの消費者センターなどに相談をしてみると、
早めに打つべき手を提案してもらえるかもしれません。

返済に関しては、気づいたときにすぐ動くという行動力が
明暗を分けることがよくあるのです。