ローンについてわかりやすく解説します

猿でもわかるローン解説
どうしても今欲しいものがあったり、支払いをしなくてはいけないお金があったりするのに手元に現金がない。

そんなときに便利に利用をすることができるのがローンです。

ローンは、未来の自分が支払う金銭

ローンは平たく言えば「借金」ですが、それはないお金を企業から融通してもらうこととは少し違っており、未来に自分が支払うべき金銭を今使えるようにしてもらうという意味合いで用意するお金です。

例えば車や住宅を購入するとき、それが購入できるまで現金を貯めようとすると10~30年も先になってしまい、その間に品物を使用できないというデメリットを被ることになってしまいます。

そこでローンを利用して品物を先に自分の所有におけるようにすれば、その後10~30年の間自分で自由に所有ができるという時間的メリットを得ることができます。
ローンについて、詳しくはこちらをご覧ください。

ローンってそもそもなに?
誰でも借りられるの?

自分に合ったローンを選ぼう

ローンを使う時にまずきちんと調べておきたいのが、自分の目的に応じた方法での借り方のものであるかどうかです。

同じローンを利用するにしても、借りる現金に目的を設けず自由に使用が可能なキャッシング・カードローンの場合、手続が簡単ですぐにお金が手に入る反面で利息が高く返済までの時期が短いという特徴があります。

住宅や車、子供の教育資金のように将来的に多額が必要となる項目の場合には、それ以外の目的にはお金を使うことができない目的別ローンを利用すると、審査や金額査定に若干の時間はかかるものの、低めの利息で長期的に現金を用意することができます。

ローンの選び方の一つのポイントとなるのが、後者の目的別ローンが豊富に用意されているかどうかということです。

目的別ローンはかつて家や車のような特定の項目しかプランが用意されていませんでしたが、最近ではブライダルローンやトラベルローンといったまとまったお金が必要になるシーンのための珍しいローンも多くの金融機関から提供されるようになりました。

また、ローンには借入をするときにあらかじめ自分が所有している土地や 建物を担保にいれる有担保ローンと、 担保の提示の必要があない無担保ローンとがあります。

ローンの種類についてはこちらをご覧ください。

管理人挨拶

このサイトでは、はじめてローンを借りる人はどのようなポイントに留意をするべきかや、それぞれのローンプランのメリット・デメリットを借入シーン別に調べていきます。

管理人は金融関連にちょっと興味を持ち始めた大学生なので、情報の精度には不安があるところもありますが、個人的な考えなども交えてお金に疎い人にもわかりやすく話をしていくつもりでいますので、どうぞよろしくお願いします。